sgwrdenver.com

急性アルコール中毒の対処

急性アルコール中毒の対処

急性アルコール中毒の対処 忘年会や新年会、歓迎会や送別会をしといった飲み会があります。大勢の人とお酒や料理を楽しみながら盛り上がります。最近は車で来ている人や、お酒が苦手な人にも楽しめるように、ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルなどもたくさん置いているお店が増えています。昔のように飲めない人にも、お酒を進めたり、一気をする人も少なくなってきたので、急性アルコール中毒になる人も減ってきました。しかし、お酒を飲むと気分が良くなり、盛り上がって、仲間内で一気をしたりする人たちが少なからずいます。一気飲みをすると、大量のアルコールが体に一瞬の間に入っていくため、血中のアルコール濃度が高くなり、倒れたり昏睡症状になったりします。

昏睡状態になってしまうと、失禁をしてしまったり、口から泡を吹いたり、最悪は死に至ってしまうこともあります。吐いたものを詰まらせて窒息してしまうこともあるので、泥酔状態の人がトイレに入るときには必ず誰かが付き添い、鍵をかけないようにしたほうが安全です。呼びかけたり、頬を叩いたりしても反応がないときには、急性アルコール中毒になっている可能性が高いので、救急車を呼んだほうがいいです。救急車を待っている間は、吐いたものを詰まらせないために、仰向けではなく横向きに寝かせましょう。

Copyright (C)2015急性アルコール中毒の対処.All rights reserved.